常連様が離れていく、意外な理由

売上UPアドバイス

お客様が離れていってしまう理由には、いくつかあります。
統計を出してみたところ、

・引っ越したり、就職したりなどの環境の変化
・ほかに良い店があった
・店に不満があった

などがありますが、実は、これらすべてを足しても20%ほどにしかなりません。

それ以外の8割にも及ぶ理由が
「なんとなく」なのです。

この「なんとなく」の中には
(1)「十分満足されてまた行こうと思いつつ何となく忘れてしまっていた」
というものもあれば、
(2)「満足しているのに何となく飽きてきて他の店に行ってしまった」
というものもあります。

次回予約を取っていないサロンでは、(1)の理由で離れていくことが多いですね。

「すごく良かったまた行こう!」そう思いつつ、日常生活の忙しさでついつい予約しそびれ、
「そのうち、そのうち」と思いながら、いつしかそのことさえも忘れてしまう。

店のことは気に入ってくださっているのに来なくなる。
これほど悲しいことはないですね。
ですからまずは、次回予約を徹底することが大事です。

 

ところが、次回予約を取っていても来なくなってしまうことがあります。

いちばんもったいないのが
「予約していたのを忘れていて来店しなかった」というもの。

これ、たまにありますよね。
当然、ドタキャンということになるので、
店からしてもその日の売上に響き、痛い思いをします。

でもこれ、もっと恐ろしいことにつながります。

お客様が「ドタキャンして申し訳ないから、店に行きづらくなる」
と思われてしまうのです。

その申し訳なさから、ついつい足が遠のき
そのまま来なくなってしまう。

とても悲しく、もったいないことですね。

 

そのような悲しい結果になってしまわないようにする方法はいくつかあります。
・回数券(チケット)を活用する
・次回予約のメモを渡す
・予約日の前日に、確認のメールや電話をする

回数券の場合、もし忘れてしまっても、まだ残りの回数があるので来てくださります。
また、メモを渡しておけば、言い伝え間違いや聞き間違いを防ぐこともできます。

これだけでも、かなりの「離反」を防ぐことができます。

でもさすがに、前日のメールや電話は、自分でやるには手間がかかる・・・・。

このあたりの解決法については、次回書いていきますね!

それでは(*^^*)/

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧