メタ・キーワード

ちょっとだけ、ためになるお話

こんにちは向井邦雄です。

さて、今日はちょっとホームページのお話を。。。

出版以来、たくさんのサロンの方からご連絡を頂き
そのたびにホームページを見させて頂くのですが、

ご自身で(または友人に頼んで)作られたホームページで
意外に多くの方が、、とても気になる・・・というか
もったいないなと思うのが、

メタ・キーワード〕というやつです。

何のことか分からない方も多いと思うので
インターネットエクスプローラーをお使いの方は
ご自身のホームページを開いた状態で

〔表示〕⇒〔ソース〕と押してみて下さい。

ずら~っと英語のようなアルファベットのような文字が
いっぱい並んだ画面が出てきたと思いますが、

この中の上の方に、いくつか

meta ~~〕と書いてあるところがありますよね。

これを、「メタタグ」というのですが、
簡単に言えばここは
ホームページのタイトルや色々な情報を入れて行く場所なんですね。

それでは、さらにそこに

META name=”keywords” content=”~,~,”

というのがあるかどうか探してみて下さい。

これが、「メタ・キーワード」というのですが、

分かりやすく言えば、ブログで言う「タグ」とか「検索ワード」とかいう感じです。

この「~,~」の部分に「“アロマ,○○市,小顔,”」などの
自分のサロンで検索してほしい言葉を何個か入れておくのです。

そうすることで例えば、新しいサロンを探している人が
グーグルなどで検索した時に

あなたのサロンが上位に表示されやすくなるんですね。

この項目自体が入っていないホームページが意外に多いのです。

たった一行、

META name=”keywords” content=”エステ,立川市,隠れ家”

などと入れるだけで
検索順位が最初の方に表示されるようになっていくのですから
やらないのはあまりにももったいないですよね。

一度、ご自身のホームページを確認してみて、
もしも入っていない場合は、ぜひ入れてみて下さいね!

また、ここに入れるキーワードもかなり重要になってきます。

お客様がどんな言葉で検索した時に、自分のサロンが表示されたいのか?

そのあたりもじっくり考えてみて下さいね。

もちろん、ホームページ自体の内容、
見た目ことば配置
なども重要になってきます。

今の時代、固定客に結びつくお客様を集客していくには
ホームページは欠かせない存在になっています。

あまりにも見た目が安っぽいと、それだけで
何人ものお客様を逃していることもよくあります。

どうしても、ご自身で作るのが難しい方や
作ったけど集客に結び付かない、、

などという方は、

ご負担やリスクの少ない範囲で
プロにおまかせするのもひとつの手だと思います。

絶対に避けた方がいいのは「リース」のもの。

独自ドメインを取れないものや
更新ごとにお金を取られるもの
初期費用や月額があまりにも高いもの

なども避けた方が良いです。

かといって、

数多い制作会社から、どこを選べばいいのか分からない
というお声もたくさん頂きます。

そこで、私もいくつかの会社をリサーチして、
条件の良いところと提携を組むことにしました。

初期費用無料月額15750円から、更新費無料
エステやネイルサロンなどを多く手掛けている会社なので
見栄えや内容もかなり良い仕上がりです。

しかも

それだけでは心配なので

私自身も制作時に監修をさせて頂きます。

どんな言葉を使えばお客様に響くのか?

たったひと言の選び方で、集まってくるお客様の「」も「」も
大きく変わってきます。

ことばに「」を込めるわけです。

おそらく、条件的にはかなり良いと思いますので

作ろうと思っていたけどまだ作っていなかった方や
これからサロンを開こうと思っている方、
今お持ちのホームページに納得のいっていない方などは

ぜひご連絡いただければと思います。

ご存じのとおり、うちのサロンは、クーポンなど一切出していません。
集客にほとんど費用をかけなくても
ホームページだけで毎月多くの新規のお客様がお問合せ下さっています。

しかも、最初からサロンに共鳴されたお客様のみが来られるので
リピートから固定客につながる確率がとても高い
のです。

クーポン誌や広告などに4万~10万ぐらいかけてもリピートにつながらなかった昔に比べて
今は本当に経営が楽になりました。

多くのサロンの方が、そのように安定した経営になり
発展していくことを心から願っています。

もし、ご興味のある方は、
mukai@rising-rose.com までご連絡くださいね。

とりあえずご自分でやりたい方は
ぜひ、メタ・キーワードをお試しください♪

それでは(^^)/

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧